5月17日の授業です。
5月17日、ついにSuper Project Illustration School第16期がスタートしました!

開講にあたって、佐藤校長からSuper Project Illustration Schoolの意義や説明が
ありました。
説明の中で、「仲間と刺激し合い学び合いイラストレーターになる人たちが多い」
ことを知りました。
一方、「周りに接点を作らずに一人だけの考えで自滅していくイラストレーターを
多く見てきた」という佐藤校長の寂しげな表情が印象的でした。


第1回目のゲスト講師として、平沢けいこさんにお越しいただき、
『仕事としてのイラストレーションとは』について講義をしていただきました。

平沢けいこさんは、キャラクターの『テンプリンちゃん』をはじめ、
様々な広告や書籍表紙などでご活躍されているイラストレーターで、
スタイリッシュで可愛らしいイラストには、多くの女性ファンがいます。
今回も、そんな平沢けいこさんのお話をお聞きするためにプロで活躍する
OGも聴講生として参加していました。


まず、1時限目のトークセッションでは、イラストレーターに憧れていた高校時代の
お話や、イラストレーターとしてスタートする前に佐藤校長に出会ったことなど、
普段聞けないお話をたくさんいただきました。
そして今回の講義内容でもある『仕事としてのイラストレーションとは』
について聞かれると、「夢を持てる仕事だけれど、反面シリアスでもあるので、
常にビジネスも意識しています」とおっしゃっていました。

f0120795_19403472.jpg


2時限目は課題講評です。
今回の課題テーマは『好きなもの、好きなことをイラストレーションにする』
ということで、受講生の皆さんも楽しみながら課題にチャレンジできたようです。
平沢けいこさんは一人一人の課題や作品ファイルを丁寧に見ながら、
言葉を選んでアドバイスされていました。

f0120795_1052630.jpg


f0120795_10513564.jpg


そして講義後は第16期の開講パーティーです!
平沢けいこさんの周りをOGや受講生が目を輝かせながら取り囲んで楽しそうに
お話しているのが印象的でした。

f0120795_10532231.jpg


平沢けいこさんさんや飛び入り参加いただいた、編集やインターネットの
制作会社チームフォレストの古川社長、イラストレーターの小巻さんをはじめ
多くの方々のおかげで、今期は良い雰囲気でスタートできました。
受講生の皆さんもこれからが楽しみですね!


次回5月31日の講義はゲスト講師として『メトロガイド』の表紙でおなじみの、
徳光和司さんにお越しいただきます。
講義内容は『仕事としてのイラストレーションとは。その2』です。
スタイリッシュだけど、どことなくキュートなイラストを描かれる徳光さんには、
素敵なアドバイスをいただけることでしょう。

*Super Project Illustration Schoolはいつでも見学や入学できます。
 詳しくはこちらから!!


左尾
by superproject | 2008-05-23 11:00 | イラストスクール風景
<< OG北住さんのお仕事 akiさんとオオノ・マユミさん... >>