<   2010年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
NUDEデッサン基礎講座第2回
f0120795_20594083.jpg


第2回目のNUDEデッサン基礎講座を開催

プロのイラストレーターには、人や物を捕らえるデッサン力が不可欠
です。
特に人は難しい。骨格や関節の位置や動きを理解し、骨格を取り巻く
筋肉や脂肪の付き方を理解することで、初めて正確に人を捕らえるこ
とができるよいうになっていきます。

漫画や,お人形のような人物は慣れれば描けるようになるのですが、
実在感のあるイラストレーションや、何かをしている様子などを描く
には、デフォルメしたりシンプルに描くにしても、人の身体を正確に
捕らえられる力を身につけなければなりません。

イラストレーションの現場では、人を描く機会がとても多い割には人
を描けるイラストレーターが少ないのも事実。ですから、デッサンの
基礎を学んだり、学生時代にせっかく身につけた成果を錆びさせない
努力で、基本を高めていただきたいと、このNUDEデッサン基礎講座
を始めたのです。

今回は、すでにプロとして活躍されているイラストレーターにもたく
さんご参加いただきました。

NUDEデッサン開始

今回は着衣とNUDEの存在を理解するために、着衣とNUDEで同じポ
ーズをとってもらいました。
洋服のシワやシルエットの内側で、体はどんな形をしているのか比較
することもできました。
モデルさんには、デッサン中の写真を撮影する許可を戴いていたのに、
デッサンに夢中になって撮影するのを忘れてしまいました。

SUPER ILLUSTRATION SCHOOLでは、なるべくヌードデッサンモ
デルに慣れた方を使わないで、ダンサーやアクターやフォトモデルと
いった身体表現力の高い方にモデルをお願いしたいと考えています。
今回のモデルさんも器械体操の経験者で、ポールダンスを学ばれてい
ます。

できるだけ、一般的なヌードデッサンのポーズだけではなく、普通の
動きを再確認するようなポーズや、身体表現者でなければ表現し得な
いポーズなどもお願いしたいと考えています。

お互いの作品を見せ合う

f0120795_203282.jpg

デッサン後に、全員の作品を並べてモデルさんに好きなものを選んで
いただいたり、みんなの作品を見せ合える時間を作りました。

デッサンが下手でも味のある人、線を捉えるのがうまい人、面で捉え
る人、量で捉える人など、それぞれの得意な描き方を見て学ぶのも大
事な活動です。次回からは、できるだけ、1点毎にその作品の良さを
再確認してみたいと思います。

f0120795_2050645.jpg

今回は、古代生物の復元イラストレーションや、細密画で有名で、
解剖学を学ばれて大学でデッサンを教えられている小田隆さんに、
鎖骨を軸にした肩の骨の動きや骨盤や肋骨の捉え方など,大変参考
になるお話しをいただきました。

こちらは、参加されたくまこさんのブログ。
ヌードデッサンは初体験だったらしいのですが、なかなかの出来栄
えでした。

二次会は和気藹々と

そして、各自、自慢の作品をお礼としてモデルさんにお渡しして、
NUDEデッサン基礎講座は終わり。
モデルさんと懇親会へ。

今回は会場近くにあるイタリア北部の南チロル地方をテーマにした
バールでポートフォリオを見せ合ったり、情報交換をしながら、楽
しい時間を過ごしました。
この店では、エーデルピルスの樽生ビールが飲めます。
この上品な苦味が、デッサンで汗を流した喉に旨かった!

次回の予告
f0120795_2228071.jpg

NUDEデッサン基礎講座は、SUPER ILLUSTRATION SCHOOLの受
講生、OBOGや講師などの関係者と、プロとして活躍している方で、
SUPER ILLUSTRATION SCHOOLが認める方のみ2000円の実費
で参加できます。

第3回NUDEデッサン基礎講座は、舞台女優さんをモデルに開催する
予定です。手足が長く色白で長身なのに小顔でグラマーな方です。

*次回は、大変表現力の豊かなモデルさんですので、ムービングに
チャレンジしてみたいと思います。

毎月開催予定ですので、興味がある方はこちらからお気軽にメール
をくださいね。

10月16日の申込を受付ています。こちらをご覧ください。

SUPER ILLUSTRATION SCHOOLでは

SUPER ILLUSTRATION SCHOOLは受講生を募集しています。
こちらをご覧ください。


SUPER ILLUSTRATION SCHOOLでは、受講者の仕事のチャンス
を増やすためにイラストレーションのご依頼を承っております。
イラストレーションの相談やご用命はこちらのリンク先メールアドレス
からお気軽にメールをください。

講座についてのご相談はこちらのリンク先メールアドレスから
お気軽にメールをください。

SatoRIchman
by superproject | 2010-08-29 22:02 | デッサン会・講座
SUPERclass 会場のお知らせ
SUPERclassの開催会場は下記になります

SUPER PROJECTのWebサイトに掲載されている本社ビル(以前の開催会場)
とは違いますのでご注意ください。
また、NUDEデッサン基礎講座の会場は下北沢ですので、お間違えなく。

代々木上原改札を出て階段を降りず通路を直進。書店の先のエスカレーター
を降り左。サンマルクカフェ手前の北2番口(階段)から見える丸正スーパー
の向かい側、ライオンズマンション205号

〒151-0066
東京都渋谷区西原3丁目18番5号
ライオンズマンション代々木上原205号室
SUPER PROJECT NISHIHARA BRANCH
tel.03-5738-3705
MAP
ストリートビュー

f0120795_7115052.jpg


SUPER ILLUSTRATION SCHOOLは受講生を募集しています。
こちらをご覧ください。

SUPER ILLUSTRATION SCHOOLでは、受講者の仕事のチャンスを
増やすためにイラストレーションのご依頼を承っております。
イラストレーションの相談やご用命はこちらのリンク先メールアドレス
からお気軽にメールをください。

SatoRichman
by superproject | 2010-08-25 07:12 | 会場のお知らせ
雑誌に必要なイラストレーションとは?
f0120795_13381422.jpg

第3回目講義はMacPeopleiPhonePeopleMac Powerなど多くの
雑誌やWebマガジンを編集されている吉田編集長にお越しいただき、
雑誌編集のお仕事やその現場でどのようにイラストレーションが必要
なのかを具体的にお聞きしました。

吉田編集長には、特集や連載のシフトやスケジュールの状況やその際に、
どうイラストレーションを選ぶかなど、MacPeopleを事例にした具体
的な話題を中心に、月刊誌の作り方やそのスケジュール、またその中で
どのようなイラストレーションが必要なのか、iPhonePeopleのような
Mookの制作方法などを具体的にお話ししていただきました。

中でも、多忙な編集者にイラストレーションを見てもらうには、一体い
つ頃連絡すればよいのかとか、直接お会いしなくても作品を見ていただ
く方法、編集者が求める安心感のあるイラストレーターとは、女性編集
者が選ぶイラストレーションが、男性編集者と傾向が違うこと、ADと
編集者でどのような権限でイラストレーターを選ぶのかなど、有意義な
お話をいただきました。また、MacPeopleの編集者全員に直接作品を
見てもらえるスペシャルなメーリングリストアドレスをお教えいただく
など、直接仕事のチャンスに繋がるお話しはとても有益でした。

課題は「MacPeopleにイラストレーションを描くならここにこう描く」
という、チャレンジャブルなもの。
デビューのチャンスが無いイラストレーターは、媒体を見ながら、自分
ならばこう描くのになぁなどと思ったりするものですが、実際に描いて
みるとその難しさが判るもの。
吉田編集長には、作品毎に編集者の目線で的確な評価をいただきました。

f0120795_1344485.jpg

懇親会では、Appleによって地殻変動を起こしているメディアの話題や、
iPhoneやiPadの話題などで大いに盛り上がりました。

f0120795_1345525.jpg

SUPER ILLUSTRATION SCHOOLは受講生を募集しています。
こちらをご覧ください。


SUPER ILLUSTRATION SCHOOLでは、受講者の仕事のチャンスを
増やすためにイラストレーションのご依頼を承っております。
イラストレーションの相談やご用命はこちらのリンク先メールアドレス
からお気軽にメールをください。

SatoRichman
by superproject | 2010-08-22 13:18 | イラストスクール風景
暑気払いギャラリー巡り&星空BARで乾杯

f0120795_17231897.jpg

巨匠ピーテル・ブリューゲルに出会う

ベルギーの1500年代の画家ピーテル・ブリューゲルは民衆に受け入
れられた風俗画で有名な画家。謂わば、イラストレーターの元祖のよ
うな方。
ということで、東急文化村へブリューゲルの版画作品と出会いに出か
けました。
SUPER ILLUSTRATION SCHOOLギャラリー巡りは参加自由のイ
ベントです。

版画以外にも多くの作品を残したブリューゲルのデッサンや画力の素
晴らしさに圧倒されながらも、突然織り込まれる寓話や諺から紡ぎだ
されるキャラクターの面白さに、水木しげる先生に通じる想像力の深
さや大事さを感じさせられました。

現在に生きていたら、きっと有名アニメーションを創られたことでし
ょうね。

その後、文化村の現代美術ギャラリーを覗き、お酒と美味しいお惣菜
を仕入れて東京湾大花火大会へ。

f0120795_1739981.jpg

夜でも蒸し蒸しと暑い夜でしたが、爽快な花火と冷えたビールに日頃
の憂さも晴れる気分でした。
花火の写真は、友人のNaohiro Satoさんが撮影したものをお借りしました。


f0120795_17441394.jpg


会場には、デザイナーの大島さんも合流して楽しいひとときを過ごし
ました。

f0120795_22593044.jpg


SUPER ILLUSTRATION SCHOOLは常時受講生を募集しています。
こちらをご覧ください。


SUPER ILLUSTRATION SCHOOLでは、受講者の仕事のチャンスを
増やすためにイラストレーションのご依頼を承っております。
イラストレーションの相談やご用命はこちらのリンク先メールアドレス
からお気軽にメールをください。

SatoRichman
by superproject | 2010-08-15 18:01 | ギャラリーめぐり
装丁に必要なイラストレーションとは?
f0120795_19363224.jpg

装丁家として大活躍の清原一隆さんにお越しいただきました

第2回目講義は日本図書設計家協会の若きホープ清原一隆さん
お越しいただき装丁家のお仕事や、装丁の現場でどのようなイラスト
レーションが必要なのか、お話をお聞きしました。
清原一隆さんは、近著『デザイナーをめざす人の装丁・ブックデザイン』
を書かれて、Adobe User Summit などでも講演をされています。

装画や本文イラストレーションの仕事とは

清原一隆さんは、装丁家として本文デザインと表紙周りのデザインを
一式で受注されていることが多いそうです。
本文デザインの際は、使いたいイラストレーターを数名選定しサンプ
ルを編集者に提案されるそうですが、このときに、本文の仕様に合っ
たモノクロや2色の作品サンプルがあったり、本文イラストレーショ
ンの事例があると、編集者に提案しやすいそうです。本文のイラスト
レーションは、1冊20〜100点以上ものイラストレーションを比較的
短期間で収める仕事で案外収入も安定していて、本文を専門で活動し
ているイラストレーターもいる、立派な仕事領域なのです。

一方、カバーなどの表紙周りのデザイン時にも、実際にイラストレー
ションを使いカンプを制作して編集者に提案するのですが、その際に
使いやすいサンプルが用意できるか否かで採用が決まることもあるそ
うです。ですから、たくさんの作品サンプルが手に入るポートフォリ
オなどが必要だそうです。
また、未使用の作品があれば、よりチャンスもあるとか。

清原一隆さんは、時間の許す限り個展のパーティなどをめぐり、イラ
ストレーター本人に会って作品を見ておくことを、装丁家として大事
にされているそうです。
仮に個展に出かけられなくても、DMを大事にピンナップしていたりす
るので、個展を開く価値は高そうですね。

f0120795_1941784.jpg

課題は大好評でした!

課題は2種類、提出された作品にすぐにでも依頼したレベルとの評価
もあり、清原さんに提出者全員の作品をお渡ししました。
清原さんからは、提出者から連絡先をいただけるようにと、清原さん
のメールアドレスの配信許可をいただきました。

1)ビジネス書メインタイトル「10年後の自分管理術」
サブタイトル「時間管理と未来設計で夢を実現出来る50の法則」
の装画。サイズは四六版。

2)上記の本文イラストレーションサンプル。
モノクロで、10年後の自分自身を数パターン描く100×70mm

f0120795_19435585.jpg

課題評価では、今回の授業をきっかけに、たくさんの作品と出会えた
と喜んでいただきました。

SUPER ILLUSTRATION SCHOOLは常時受講生を募集しています。
こちらをご覧ください。


SUPER ILLUSTRATION SCHOOLでは、受講者の仕事のチャンスを
増やすためにイラストレーションのご依頼を承っております。
イラストレーションの相談やご用命はこちらのリンク先メールアドレス
からお気軽にメールをください。

SatoRichman
by superproject | 2010-08-13 19:49 | イラストスクール風景
NUDEデッサン基礎講座
f0120795_1022244.jpg


第1回目のNUDEデッサン基礎講座を開催

イラストレーションやデザインにはデッサンが重要です。デッサン
とは、モノを見る目を養う大切な訓練。そして、どう見てどう描く
のかを、一瞬一瞬判断しながら線を追うことや、そのスピード感や
緊張感が腕を磨いてくれます。

特に、NUDEデッサンでは、余計な加飾のない生な人間の骨や肉で
構成された姿を間近に観ることができます。特にデッサン時に骨格
の立体的な動きを理解することは、イラストレーションを描くとき
にとても役立ちます。

イラストレーターは、人を描く機会がとても多く、依頼者にとって
も、「人が描けて当たり前」。ですから、デッサンの基礎を学んだ
り、学生時代に身につけたいた成果を錆びさせない努力で、自分の
基本を高めることが大切なのです。

MAKOさんにご協力いただき

SUPER ILLUSTRATION SCHOOLのOGでもあり、有名なイラスト
レーターでもあるMAKOさんに、第1回のNUDEデッサン基礎講座
の講師をお願いしました。

NUDEデッサンの基礎や考え方を知らずに、ただ漫然と体の線を追う
よりも、NUDEデッサンの基礎を学び、デッサンとは何なのか理解し
た上で描いたほうが効果的なのです。

タイトルに掲載したMAKOさんのデッサンは、今回のモデルさんの
色白でスレンダーな体を素早く、そして見事に捉えています。無駄な
線がないのにシェイプだけでも体の立体感を感じられます。

SUPER ILLUSTRATION SCHOOLの選ぶモデル

SUPER ILLUSTRATION SCHOOLでは、ダンサーやアクターやフォ
トモデルといった身体表現力の高い方にモデルをお願いしています。
今回は、バレーの経験もあるフォトモデルさんで、MAKOさんのデッ
サンの通りに大変お美しい方でした。

モデルさんには、20分、10分、5分、3分のクリエイティブなポー
ズをたくさん繰り返してもらいます。(派遣のデッサンモデルさん
は、疲れない立ち方をするので、動きのないポーズを選ぶ事が多い
のですが、ここでは徐々に変化のある難しいポーズにもトライして
もらいたいと思います)

お互いの作品を見せ合う

f0120795_1145357.jpg

デッサン後に、会場を片付けてから、各自の作品を見せ合う時間を
作っています。
デッサンが下手でも味のある人、線を捉えるのがうまい人、面で捉
える人、量で捉える人など、それぞれの得意な描き方を見て学ぶの
も大事な活動です。

モデルさんとのお付き合い

そして、各自、自慢の作品をお礼としてモデルさんにお渡しして、
NUDEデッサン基礎講座は終わり。
モデルさんと懇親会へ。
違う世界で活躍する方と交わす会話も、独りで篭もりがちなイラスト
レーターにとって、勉強になる楽しいひとときです。

次回の予告

NUDEデッサン基礎講座は、SUPER ILLUSTRATION SCHOOLの
受講生、OBOGや講師などの関係者と、プロとしてで活躍してい
る方で、SUPER ILLUSTRATION SCHOOLが認める方のみ2000円
の実費のみで参加できます。

第2回NUDEデッサン基礎講座は、顔立ちもスタイルも抜群の有名
AV女優さんを起用しています。(本当に綺麗な方ですが、数百本
の主演作品がある方ですから、参加者に無用な予習をされないよう
にお名前は伏せておきます)

*次回は、とてもお洒落なモデルさんですので、着衣とNUDEの
比較を描いてみたいと思います。

毎月開催予定ですので、興味がある方はこちらからお気軽に
メールをください。


SUPER ILLUSTRATION SCHOOLでは

SUPER ILLUSTRATION SCHOOLは受講生を募集しています。
こちらをご覧ください。


SUPER ILLUSTRATION SCHOOLでは、受講者の仕事のチャンス
を増やすためにイラストレーションのご依頼を承っております。
イラストレーションの相談やご用命はこちらのリンク先メールアドレス
からお気軽にメールをください。

講座についてのご相談はこちらのリンク先メールアドレスから
お気軽にメールをください。
by superproject | 2010-08-07 10:52 | デッサン会・講座