カヴァーノチカラ5「感じる装丁」
f0120795_143858.jpg

ゲスト講師の清原一隆さん他、SUPER ILLUSTRATION SCHOOLのゲスト
講師が多数参加されているエキシビションです。

装丁の中で、装画(装丁に使用されるイラストレーション)は、装丁の印象作
りに重要な影響力を持ちます。
ぜひお立ち寄りください。

以下、カヴァーノチカラ5「感じる装丁」より引用

子どもの頃、出会い、楽しんだ本。
その物語からはもちろん、紙の手ざわり、表紙にあった絵、タイトルの文字の
形、そのほか本を形づくっているさまざまな要素からも、私たちは多くのこと
を感じとったのではないでしょうか。
カヴァーノチカラ5では、日本図書設計家協会の装丁・装画家68人が「感じる
装丁」をテーマに、ファインペーパーと特殊印刷を用いて、『星の王子さま』、
『クリスマス・キャロル』、『竹取物語』の児童文学3作品でオリジナルブッ
クカヴァーを制作いたします。

2011年11月25日(金)~12月26日(月)
10時~19時 土日祝/休
※初日と最終日は17時まで、12月13日(火)は15時まで、12月20日(火)
は終日クローズ

by superproject | 2011-11-17 14:08 | 展覧会等の情報
<< 谷根千にある、楠伸生さんのギャ... MUSICURATION ~イ... >>